小児歯科

CHILD

子どもの歯医者嫌いをなくすための取り組み

診察台は子ども用から
スタート
治療は子ども一人ひとりの
ペースに合わせて
スタッフや先生から
細かい声掛けで不安を少なく
無理やりな治療はしません
治療を頑張ったら
ご褒美のプレゼント
治療を頑張ったら
ご褒美のプレゼント

子どもの頃からの歯科治療が大事な理由

0歳からでもご来院ください

歯が生えていない状態でも、発育環境でアドバイスできることがあります。普段の子どもの抱き方、授乳時の姿勢などで歯の生えかたや顎への影響が決まります。さらにハイハイをせずに立ち上がると体幹が育たないまま歩行に移ってしまうので姿勢の悪さ=顎・歯並びの発育の悪さへと繋がってしまいます。正しい発育のためにも、きちんとしたステップを経ることが重要です。

乳歯は虫歯になりやすい

乳歯は永久歯に比べて歯質が不安定で軟らかく、酸の影響を受けて虫歯になりやすいです。また、エナメル質や象牙質の厚みも少なく、虫歯が比較的早く進行しやすいという特徴もあります。
乳歯の虫歯を放置していると、永久歯に生え変わった後も虫歯になりやすく、歯並びやかみ合わせにまで悪影響を及ぼす可能性があります。お子さんは上手に痛みを伝えることが難しいときもあるため、親御さんが積極的にお子さんの歯をチェックし、何か違和感があればすぐに歯科クリニックまでご相談ください。

じん歯科クリニックの小児歯科の特徴

歯が生える前から取り組む

赤ちゃんが生まれて、正しく抱っこできなければ呼吸がしづらい状況になります。赤ちゃんが生まれる前(マイナス2歳から)のお父さんとお母さんの意識づけ・体力づくりがお子さんの歯を守ります。

正しい呼吸と嚥下のチェック

顎や歯並びに重要な授乳期。寝た状態でのながら授乳や授乳クッションによって、きちんと乳首を咥えられないと歯並びに悪影響が出る場合があります。

手掴みは大事なステップ

食べやすい離乳食は飲み込みも良くきちんとした食事量を確保できますが、固形物を手でつかみ口に運ぶ過程が赤ちゃんにとって重要なステップといえます。スプーンだけでなく自分でつかめる固形物が感覚を育てます。

子ども達の口の成長を正しい方向へ導くために
歯科医院と保護者との協力が重要

乳歯の段階ですき間がなければ、顎が小さい可能性があります。顎の発育が良くないと鼻も狭くなり鼻詰まり、ぜんそく、アトピー、アレルギー、集中力の欠如によってキレやすくなるなど、多くの問題を抱える未来に繋がっていきます。

あいうえべ体操

吹き戻しなどの口から息を吐くおもちゃ

ひろのば体操(足と指のストレッチ)

食べ物の好き嫌いをなくす

地域の子ども達が口内環境の健康を
維持できるためへの取り組み

子ども達の口や顎を正しい成長へ導くために、当院にて定期的なセミナーを開催しています。0〜3歳の重要な期間に親子で学ぶことによって、良い習慣や正しい姿勢、歯ならびに良いことなどを身につけていただきそれぞれのご家庭でも実践できるようにしています。

ページトップへ戻る