CLINIC NEWS

  • 姿勢のお話③ 〜顎関節症〜

    顎関節症(がくかんせつしょう)には色々な症状があります。

     

    ・口を開けようとすると顎関節(耳の穴の前あたり)の周辺や筋肉が痛い

    ・口を開けるとカクッと音がする

    ・大きく口が開かない  など

     

    通常、顎関節症の治療には「スプリント」とよばれるマウスピース型装置を使用します。

    スプリントを装着し、上下の歯の接触を全体均等にすることで、顎関節の負担を和らげます。

    保険診療で作製可能です。

     

    スプリントを入れると、確かに顎関節症の症状は和らぎます。

    しかし、スプリントを使わなくなるといずれまた症状が再発します。

     

    スプリントはあくまでも「対症療法」であり、「原因療法」ではないということです。

     

    なぜ顎関節症が起こってしまうのか?

     

    下あごは「ブランコ」と「ヤジロベエ」でイメージするとわかりやすいです。

    顎関節は左右1対あります。

    下あごは筋肉で頭にぶらさがっています。

     

    頭を右に傾けると、下あごは右にずれて、右の歯が強く接触します。

    頭を上に向けると、下あごは奥にずれて、奥歯が強く接触します。

    (ぜひやってみてください)

    下あごは、頭の傾きや位置に応じてバランスを取ろうとして移動します。

    頭がまっすぐになってない人は、下あごがズレているということです。

    そのズレが顎関節症を引き起こします。

     

    『頭がまっすぐでない = 姿勢が崩れている』

    ということです。

    まっすぐ立てているなら、頭はまっすぐきれいな位置に存在するはずなので、顎関節症は起こりません。

     

    ひざや腰の痛みも同じです。

    まっすぐ立ててないから、ズレが生じて痛みが起こるんです。

     

    まっすぐ立つためには、まずは土台となる足をしっかり見直しましょう。

    足指がしっかり開いて、地面にしっかり着けば、まっすぐ立てるようになります。

    ただそれだけの話です。

    顎関節症を治したいなら、足指をまず治しましょう。

    「ひろのば体操」で1日5分、足指ストレッチ!!

      
  • 6月診療日のお知らせ

    12日(金)は午後院内研修のため、午前のみの診療となります。

      
  • 授乳・離乳食が口腔機能・歯並びに与える影響

    本日、ZOOMにて食育セミナーを受講しました。

    「食べる力が育つ 子どもの口腔育成」

    日本離乳食・小児食育学会 代表の武井まどか先生(歯科衛生士)主催のセミナー。

     

    授乳や離乳食がその後の将来の口腔機能の発達・歯並びにどう影響を与えるか?

     

    ・元気がない

    ・やる気がない

    ・口がポカンとあいている

    ・食べることが面倒(噛むのがしんどい)

    ・落ち着きがない

    ・風邪をひきやすい

    ・アレルギーがある

    ・歯並びが悪い

     

    このようなお子さんがいま増えてきています。

     

    一昔前に比べ、色々な便利グッズが増え、食生活が大きく変わり、

     

    その結果、0歳から口腔機能がどんどん衰え、不健康で歯並び悪いお子さんが増えています。

     

    0〜2歳までの授乳・食事をどう行うかで将来は大きく変わります。

     

    今後も食育についてしっかり学びたいと思い、

    早速、日本離乳食・小児食育学会への入会を申し込みました!

     

    まずは認定医の取得を目指します!!

      
  • 姿勢のお話② 〜低位舌〜

    みなさん、お口を閉じたときに舌の先はどこに付いていますか?

    前歯の裏に付いている方は要注意!!

    舌が下がっています⬇️⬇️

    乳幼児期からしっかり舌が上あごに付くことで、

    飲み込む時に舌の力が上あごや歯に伝わり、

    上あごが正しく広がり、キレイな歯並びが作られます✨

    「イー」とした状態で唾液をごっくんと飲み込んでみましょう。

    写真のように、歯の隙間から舌が見えていたら、あなたは低位舌です。

     

    上あごのすぐ上には鼻がくるので、上あごが狭い人は鼻も狭いです。

    いま、鼻づまりを起こしやすいお子さんが増えているのはここから来ています。

     

    舌が下がってしまった原因の1つに、頭の位置の異常が挙げられます。

    舌は舌骨(ぜっこつ)と呼ばれる骨に筋肉でくっついています。

    舌骨が下がると、舌も一緒に下がります。

     

    ストレートネックなど、頭が前に出ている人は筋肉が伸ばされて舌骨が下がり、舌も一緒に下がります。

    頭の位置は身体の姿勢によって決められます。

    姿勢が変われば頭の位置が変わります。

     

    ぜひ、姿勢を見直してみましょう!!

      
  • 姿勢のお話① 〜口呼吸〜

    姿勢は『口呼吸』の予防に大きく関わります。

    気づくとお口がぽかんと開いてしまう、唇が乾いている、唇が富士山型、などなど・・・

    お子さんでも大人でも、結構多いです。

     

    鼻はカラダの空気清浄機の役割を果たします。

    鼻毛や粘液がフィルターの役割を果たし、カラダの中への細菌・ウイルスの侵入を防ぎます。

    口呼吸だと、細菌やウイルスはカラダの中に入りたい放題です。

     

    なぜお口が開いてしまうのでしょうか?

    カンタンです。筋肉で口が引っ張られてるからです。

     

    筋肉には、最大筋力を発揮するために1番適した長さである『至適長』があります。

    伸びすぎていても、縮みすぎていてもダメです。

     

    いま多いと言われている『ストレートネック』(左図)。

    首が前に出ています。

    ストレートネックのかわいいフリーイラスト素材

     

    首を前に出そうとすると、首の筋肉が伸ばされますよね?

    そうすると、その先にある口周りの筋肉が一緒に引っ張られて、口が勝手に開きます。

    単純にそれだけの話です。

     

    姿勢がまっすぐに、首の角度が正常になれば、自然と口は閉じます!

    意識してるときだけ閉じても無意味です。

    無意識のときに開いてしまってるからです。

     

    口呼吸を予防し、免疫力をつけましょう!!

      
ページトップへ戻る